『どこでもシールド』でどこでも飛沫対策!

知ってほしいねん

21世紀 の “必須”道具 ♪人が集まる シーンはコレ

セミナーや講演会、プレゼン、飲食店などの店舗や会社の休憩室など、今や人が集まるときの必須アイテムともいえる「飛沫対策グッズ」。でも、ビニールカーテンやパネルって、壁や天井に穴を開けたり、持ち運びや収納にも手間がかかり、なかなかの「不便さ」ですよね?

そこで、おすすめなのが友安製作所から発売された飛沫対策簡易ビニールパーテーション、その名もどこでもシールド! ネーミングからもわかるように、持ち運びに便利で、どんな場面でも活躍するシールドなんです。今回はその特徴を詳しくご紹介していきます。

『どこでもシールド』のおすすめポイント

Point① コンパクトがイイ!

最大サイズでも重さ約3.6㎏と、女性でも運べる軽さでコンパクト。かさばるパーテーションと違って、収納にも持ち運びにも便利です。

Point② 便利な置き型

ビニールカーテンの設置って結構面倒。だけど、このシールドは置き型だから、カーテンを設置しづらいところでも大丈夫。

Point③ 引き出すだけの簡単設置

シートを上に引き出して、上に引っ掛けるだけの簡単設置。 ※ 巻きズレの発生防止に、 収納時はゆっくり戻すのがコツ。

Point④ ちょどいいサイズに!

高さは4サイズから選択でき、それぞれ支柱はサイズ調節が可能。幅も約71㎝~180㎝まで1㎝単位で選択可能なので、あなたが「使いたい!」と考えるそのシーンにピッタリはまります。

Point⑤ 透明度が高く視界クリア

透明度バツグンで、上質な PVCアキレスビニールカーテンを採用。視界もクリアで、講演会や勉強会にもおすすめです。

こんな場所で活躍します!

学校やセミナー、講演会やプレゼンなど、「相手に何かを伝える」現場でも大活躍。透明度が高いので、「見えにくい」「何をしているかわからない」と言ったトラブルも避けることができます。

簡単設置の置き型なので、これまで設置しにくかったオフィスのデスク上などにも設置できます。透明度が高い分、景観も損なわずに飛沫対策が実現できますよ。

飲食店や会社の休憩室など、席が隣り合ったシーンでも、ササっと移動して飛沫対策最大200㎝の高さまで選べますので、広めの空間でも安心度が高いですね。

『どこでもシールド』の設置方法

一番大きなサイズでも、女性一人で設置可能。これまで「毎日の設置が大変だった」という常設しなければならない場所でも活躍してくれますよ。

まとめ

どこでもシールドは、当社で人気の透明ビニールシート【TT31】 を、「もっと手軽に様々なシーンで使ってほしい!」と開発したもの。透明度も高いので、見栄えが気になるインテリア好きの皆さんにも選んでいただいています♪ 皆さんもどこでもシールドで、いつでも手軽&簡単に飛沫対策しませんか?

関連記事