【すぐできる!】プチ模様替えで手軽におうち時間をリフレッシュ♪ 

読んでほしいねん

おうち時間が増えると、「インテリアにもこだわってみたい」という人が多くなっているようです。
でも、新しい家具を買うのはお金もかかるし、第一使える家具があるのにもったいないですよね。
そんなときにおすすめなのが「プチ模様替え」
大きな家具を変えることなく、ある一部分だけ模様替えすることで、お部屋の印象がガラリと変わり、気分もリフレッシュ♪
ご紹介するポイントを全部替えてみても、一つだけでも、いくつか替えてみてもOK。
あなたがチャレンジしやすいものから、模様替えしてみてくださいね。

➀棚の上をディスプレイしてみよう

棚や玄関の靴箱の上って、結構雑多になりがち。
でもここって、面積も決まっているから、意外とディスプレイもしやすく、「見せ場」にしやすいんですよ。
次のことに気を付けて、棚の上を自慢のスペースにしてみましょう♪

■全体的に「三角形」を意識

Photo by swabdesign on Unsplash

ディスプレイをバランスよく見せる重要なポイントは、「三角形」を意識すること。
こちらの写真だと、ライトを頂点にして、左に斜線がある直角三角形になっています。
真ん中が頂点ではなく、左右どちらかに頂点を振るとバランスよくなりますよ。もちろん直角でなくても構いません。

■高さのあるものを一つ

Photo by John Mark Arnold on Unsplash

三角形を簡単に作るには、高さのあるものをプラスするといいですよ。
例えば、写真のようなライトワイヤーネット、そしてアートなど。
簡単に高さが出るし、ライトであれば点灯することで間接照明の雰囲気も出ますよね。

➁壁を飾ってみよう

壁は床と同じく、部屋で多くの面積を占めているもの。
何もしないなんてもったいない! ちょっとしたコツがわかれば、お洒落に壁を飾ることができますよ。

■四角の枠内に収める

出典:Roomclip(petitlapine)

「どんなふうに壁に飾ればいいかわからない」という人は、四角形の枠内に収めると、まとまりが出てお洒落に。
さらに写真のように、色味を合わせると数が増えてもゴチャゴチャ感が出ませんよ。
また、最初はカラフルな色より、モノクロ系の方が他のインテリアとも合わせやすくておすすめ。

■とにかく好きなものを!

出典:goodroom

「雑貨好き!」という人なら、こんなふうにとにかく好きなものを飾ってみるのも素敵ですよね。
色味やテイストに関しても、好きなものだけを集めると、自然にまとまってくるもの。
好きなものに囲まれて、おうち時間も充実します♪

■フレームバーを使ってみる

「フレームバー」商品ページ

賃貸で壁を飾る場合におすすめなのが、手軽に写真やポストカード、レコードなどなど様々なものを飾ることができるフレームバー
これならプッシュピンだけで設置できるので、賃貸でも壁に穴をあけることなく、好きなものを飾ることができます。
旅先での思い出のポストカードや写真、レコードを飾ってもいいですね。

③ラブリコで簡単DIY

出典:RoomcClip(cmecorinacoさん)

『ラブリコ』 とは、壁を使ったディスプレイや間仕切りなどが簡単に作れるDIYアイテム。
棚を作ろうと思っても、賃貸では壁を傷つけることができませんよね?
でもラブリコなら、取り付けた木材に棚を設置できるので大丈夫。

2×4  (ツーバイフォー)  材や1×4 (ワンバイフォー) 材がピッタリはまる仕様になっているため、天井側と床側にラブリコをはめ込めば、写真のようにしっかりと固定してくれます。
「キッチンの収納が足りない」という人は、長くなったおうち時間に、写真のようなキッチン棚にチャレンジしてみては?

出典:Room Clip( itti.colors さん)

ラブリコは工具も必要ないため、DIY初心者の方にもピッタリです。
上の写真のように、アパレル風のディスプレイとして使えば、お洒落と実用も兼ねて一石二鳥♪
棚の高さも自分で決められるので、家族それぞれの使いやすいサイズに合わせられますよね。

ラブリコなら、こんなダーツラックを作ることだって可能。
シリーズで様々なアイテムが発売されているので、用途や好みによって、お気に入りを見つけてください。

「ラブリコ」商品・取付方法のページ

➃ファブリックを替えてみよう

Photo by Micheile Henderson on Unsplash

難しいテクニックは無し。クッションやソファのカバーを替えるだけで、お部屋の印象を替えることができます。
例えば季節感も取り入れて、秋冬には暖かくふわふわのムートン素材を。
春には、柔らかな春の風を思わせるようなパステルカラーのアイテムを。
といったふうに、季節ごとにファブリックを衣替えしてみては?

出典:Room Clip( ri4 さん)

ベージュ系で統一されたインテリアの中に、 同じくナチュラルな色味のムートンで温かみをプラスしたお部屋。
柄物のクッションも、ラインの色とダークカラーのクッションの色がリンクしていて、ちょうどよい加減のアクセントになっていますよね。

Photo by DESIGNECOLOGIST on Unsplash

クッションカバーなら気軽に取り換えられるので、写真のようないつもよりちょっと派手な柄やユニークな柄にもチャレンジしやすいですよ。
ファッションでは挑戦しにくい派手なカラーをアクセントにしてみても、雰囲気が変わって楽しいはず♪

➄花を飾る

Photo by Wilfried Santer on Unsplash

生きたお花が部屋に一つあるだけで、なんだか清々しい気分になるのは気のせいではないと思いますよ。
鉢植えを育てる自信がない人は、切り花でパッと華やかに
一輪挿しだけでもお部屋の空気が変わるはずです。
花瓶がなくても、写真のように食材をストックするガラス製品などに入れるのも、さりげなくてお洒落。
日本の庭木としてよく見かける「木蓮」の花も、こんなふうに活けると全く違ったイメージになりますよね。

出典:Room Clip( flow さん)

「花なんて飾ったことないし…」という人は、まず1種類だけお気に入りの花を買って、飾ってみましょう。
写真は、SNSでもよく見かける「スモークツリー」という植物。
ふわふわした見た目が、1種類だけ活けても存在感抜群。
最近は花屋さんでもよく見かけるので、ぜひ探してみてください。

おわりに

壁を使ったりファブリックを替えたり、意外と簡単なアイデアで模様替えができますよね。
外でリフレッシュできないときも、こんなふうにちょっとしたお部屋の模様替えでリフレッシュしてみてください。
あなたはどんなプチ模様替えにチャレンジしてみたいですか?

関連記事