ジャンケンの常識をくつがえす?“石”なのにハサミで切れる「ピタットストーン」

知ってほしいねん

ドイツの特許技術で石の薄皮1枚を剥いでシート状に加工した天然石シート「ピタットストーン」をご紹介します。
ピタットストーンは、剥離紙をはがして貼るだけで、石壁にできるシートです。
貼るだけなので施工はとっても簡単!
壁のリフォーム・家具のリメイクなどに、天然石が持つ高級感が手軽に楽しめます。

「本物の天然石」を加工したシート

「ピタットストーン」は本物の天然石を使っているので、石の模様が印刷されただけのリメイクシートなどとは違って、高級感は抜群。
長い年月をかけて構成された自然の堆積岩の美しさがそのまま残っていて、上質な空間を生み出します。
1枚1枚の石の表情が異なり、本格的な天然素材の質感です。

ペタッと貼るだけ簡単DIY

裏面には粘着シートがついているので、接着剤などは不要。
両面テープを貼るように、剥離紙をはがして壁などにペタッと貼るだけ。
特別な施工技術はいらないので、誰でも簡単・手軽にリフォームが楽しめます。

ドイツの技術で驚きの極薄シート!

石の表面の1層だけを剥がすドイツの特許技術で、天然石の岩肌をそのまま薄くスライスしてシート状に加工。
厚みはなんと粘着シール部分と合わせても0.8~1.2mmと、とっても薄いシートです。
高価で手間のかかる石の施工が、薄いシートなら手軽に楽しむことができます。

ハサミで切れるぐらいの柔らかさ

石なのに、ぐにゃりと曲がるぐらい柔らかいんです。
ハサミやカッターで切ったり、釘を打つこともできます。
「チョキ(ハサミ)がグー(石)に勝つ」、ジャンケンの常識をもくつがえす画期的な商品です。

壁のリフォーム・家具のリメイクなどに

はがして貼るだけの簡単施工だから、壁にはもちろんテーブルやカウンター、家具やドアの装飾など、幅広くいろんな場所の模様替え・DIYにおすすめです。
全面に貼って高級感を演出したり、一部にアクセントクロスのようにポイントとして使ってもおしゃれ。
憧れの天然石のインテリアが手軽に楽しめます。

施工方法と施工例

ホコリがあるとシールの粘着力が弱まるので、まずは貼る場所を綺麗に拭きます。
サイズを測りシートをハサミやカッターナイフでカットし、裏面の剥離紙を剥がして貼りたい場所にペタっと貼るだけ。

Before

After

「ピタットストーン」のスゴイところ動画でもチェック

いかがですか?ピタットストーンを使えば、貼るだけで簡単に天然石が持つ高級感が手軽に楽しめます。アイデア次第で色々な場所のリフォームやリメイクに活用できそうですね。

関連記事